2020年当社の決意表明 その5 当社はどのようなポリシーで建物作ってきたのかを私の自宅と自社ビルを見てもらうことで知ってもらう

それらの問題を解決すべく、当社は会社設立当初から守っている原則があります。
1)設計施工を自社で行う、2)工事の下請けはしない3)工事の丸投げもしないという三原則でこれまで業務を行ってきました。
つまり、自社で作った建物の責任を他に転化することなく自社で全責任を全うするという中々厳しい立ち位置を決定し、そこからスタートしてここまできたのです。
そしてその条件を貫きながら会社設立から今年の5月で43年経過することになります。
43年という月日は建築で言えばほとんどの建物が期間からしたら建替えの時期です。
つまり会社創業の時に建った建物も既に建て替えられたりもあったり、又、いつ建て替えても良いという位時間が経過しているのです。
MX-2514FN_20200220_165402_001.jpg

しかしながら、当社で建てたほとんどの建物は厳然とそこに建っているのですから出来不出来を誤魔化すことは出来ません。
建てた時の予算がなかったとか条件が厳しかったとかの言い訳などで一切出来ずに何十年も多勢の人達の目に晒されているのです。
そして、その存在は建てた時と変わらず、あるがままの状態であり、それが全てで誰の目も騙すわけにはいきません。
そういう意味では私の会社で作ってきた建物の存在こそが私達の会社の証(あかし)と歴史ということが言えます。

house_004-3s_20200220181343879.jpg
house_001s_20200220181342f6a.jpg

自宅竣工時

建築するに当たっては私の自宅は1992年に竣工しましたが、既に築28年目を迎えました。
私はこの家を建てるのに自分の実現したい要望を頭に描き、それと叶えてくれる土地探しから始めました。
そしてその土地に対する企画、設計、デザイン、許認可手続き(建築確認通知書)、構造計算、施工を全て自社で行いました。
外構工事では門や塀の工事、植栽や庭づくり、インテリアでは家具や照明器具やカーテンの選定やカラーコーディネートまで全てを行いました。
つまり一軒の家づくりのプロセスを全て自社で行ったのです。
そして完成してから既に約30年の月日が経過しようとしています。
つまり、私の自宅は最初の土地探しでは不動産業としての情報収集やその土地を評価する能力、基本設計と実施設計では設計事務所としてのノウハウ、工事については建築施工会社としての経験、そしてメンテナンスについては、リフォーム会社としての実績という膨大なノウハウで作り上げ、そして今もそのままの状態で存在しているのです。
そんな中、私はこの自宅をひとつのモデルルームにして、ご要望があればこれから当社に依頼されるお客様に見て頂こうと思っています。

_KAZ0016_20200220181337893.jpg

弊社ビル(現在)


MX-2514FN_20191113_161026s_20200220182205352.jpg

立川市政50年周年記念建築デザイン賞を受賞しました

そしてこの自宅の完成の2年後の1994年には立川市富士見町にある自社ビルが完成しました。この自社ビルも全て、私が土地探しから建物の企画設計デザインを担当しました。そしてそれらの企画設計と実施設計も行いましたからこの二つの建物は「住宅」と「オフィスビル」ではありますが、それぞれ異質の建物を作るための知恵が凝縮されているのです。
それぞれの建物は築30年を迎えようとしていますが、今までほとんどリフォームを行わずに来ましたし、大きな欠陥も見つかりませんでした。
そして結果的に、この自社ビルは建設完工した年に立川市政50年周年記念として「ファーレ立川ビル群」と「立川センタービル」と共に、建築デザイン賞を受賞しました。
その時選出してくれた建築家のある先生は「設計者が建築の外観に様々な色彩や形態をその都度創意工夫あふれる方法で与加していく事によって、それを眺める市民の意識に積極的にメッセージを送ろうとする意志が見られる。近づいてその装飾的ディティールに込められた意味を読み取る事を求めるような方向を示している。」と評価してくれました。

現在の自社ビル中には2つのショールームを併設してあります。
ひとつは自社ビル完成の時に作った「ヨーロピアンモダンデザイン」のショールームです。そしてもうひとつは1998年に増設した「自然素材だけで作った和モダンデザイン」のショールームです。
お客様にはその2つのショールームをご覧いただくことで築26年のショールームが今でも全く古めかしく感じない普遍的なデザインであること。
そして、2018年に作ったショールームは高齢化社会を迎えるにあたり「健康」「長生き」「自立」「楽しさ」を追求したショールームです。
このショールームは、これから当社がお客様にご提案していきたいと思っている知恵がたくさん詰まっています。
是非、この二つのショールームを合わせてご覧いただければ幸いです。
show16.jpg show32.jpg
弊社ショールーム 2018年竣工「大人のリノベーション」ショールーム

一級建築士  蓑田 常弘


→ブログのトップへ戻る
→ライファ立川のホームページへ
スポンサーサイト



プロフィール

蓑田 常弘

Author:蓑田 常弘

一級建築士 蓑田常弘

株式会社ミノダ建築デザイン 代表
LIXILリフォームショップライファ立川代表
株式会社スインクハート 代表


→ 会社ホームページ

建築一筋だが、建築馬鹿ではない。

いつ仕事をしているか分らないが、しっかり納期には間に合っている。

自分の好きな建物の仕事で生計を立てられている自分はとても幸せ者だと思う。

1日おきの2kmの水泳はこれからずっと続けたいと思っている。
(楽しみというより修行のような)

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

建築に関するブログ

住まいに関するブログ

自然素材に関するブログ

ごあいさつ
社長あいさつ