日本の住宅の歴史 その1

住宅の歴史

住宅の歴史

日本の住宅の歴史を原始時代や古代から見るのか近代から見るのかによって大分違ってきますが、原始時代(旧石器時代)は、縄文時代、弥生時代には住居等というものは存在せず、色々な場所を奔放として生活していました。
桃山時代の書院造り(再現)

桃山時代の書院造り(再現)

桃山時代の書院造り(再現)

そして竪穴式住居や高床式住居が出来て平安時代には貴族の住居として寝殿造りが成立したとか、鎌倉時代の武士の住まいとして武家造りが出来、書院造りになっていったという大きな流れと見る事は出来ますが、それらの建築様式は、貴族や武士といった特別な階層の人達の住まいであって一般国民の住まいは近世初期であっても、一般的に農民の住居は土間に囲炉裏を作り床にむしろを敷く等、簡単な雨風を防ぐ程度のものだったようです。
文化財 旧吉田住宅(千葉県柏市)

文化財 旧吉田住宅(千葉県柏市)

工法も石の上に柱を立てて藁で屋根や壁を葺く程度のものでした。それから農家も次第に発展していって土間は台所とか作業場などに使って、その他の部分は床を造って食事や寝る為の部屋を作るようになりました。
その地方で取れる土で土壁を藁葺屋根とし、家族やその村の人達と共同で造ることが多かったのです。又、木工の骨組みを作るには大工を中心に職人が作りました。職人の技術もどんどん高まり、大工や左官屋といった職人が出現してきました。
数寄屋造り

数寄屋造り


茶室

茶室

江戸時代以降は「田の字型」の間取りが広く普及していきましたが、これは結婚や葬儀等の人が集まる時に利用できるようにしたもので、普通は部屋の境を障子や襖で開閉して使用していました。この田の字型の間取りは日本全国の民家の原型となりました。
織田信長による天下統一の時代は、信長の安土城や豊臣秀吉の大阪城等が造られ、権力者の威厳を示す為、豪華な書院造りが完成しました。家臣は城下町に住むように命じられ、都市建築(町屋、侍屋敷)も発達していきました。当時は、床の間のある座敷を持つ事は身分の指標となりました。
千利休を代表とする茶室や、「侘・寂(わびさび)」の表現としての草庵は、一部権力者や豪商などの権力やゆとりがあって初めて表現できる贅沢な建築でしたが、江戸時代以降はそれら茶室の要素を彩り入れた数寄屋造りの住居も生まれ、別荘とか特別な階級の町屋にも用いられるようになりました。

一級建築士  蓑田 常弘


→ブログのトップへ戻る
→ライファ立川のホームページへ
スポンサーサイト



プロフィール

蓑田 常弘

Author:蓑田 常弘

一級建築士 蓑田常弘

株式会社ミノダ建築デザイン 代表
LIXILリフォームショップライファ立川代表
株式会社スインクハート 代表


→ 会社ホームページ

建築一筋だが、建築馬鹿ではない。

いつ仕事をしているか分らないが、しっかり納期には間に合っている。

自分の好きな建物の仕事で生計を立てられている自分はとても幸せ者だと思う。

1日おきの2kmの水泳はこれからずっと続けたいと思っている。
(楽しみというより修行のような)

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

建築に関するブログ

住まいに関するブログ

自然素材に関するブログ

ごあいさつ
社長あいさつ