ニュース拾い読み “好調”スイーツ市場の影で洋菓子店の倒産急増、なぜ 「コンビニスイーツ」台頭も一因

00048115HDK.jpg 洋菓子店 コンビニスイーツ
洋菓子店 洋菓子店 コンビニスイーツ
「街のケーキ屋さん」で倒産が急増、過去最多を更新する勢い

洋菓子店の倒産は過去最多ペースで推移している

洋菓子店の倒産は
.過去最多ペースで推移している

洋菓子店の倒産が目立っている。帝国データバンクの調べでは、いわゆる「街のケーキ屋さん」などの洋菓子店の倒産が2019年8月までに30件発生。2000年以降で最も多く発生した2018年の同時期(25件)を上回るハイペースで推移しており、通年で最多を更新する可能性も出てきた。

 特に多い経営破たんは地元の有名店。「至高のモンブラン」など高い知名度の看板商品を有していたモンブラン(兵庫)、「ユカたん」や「レモンケーキ」などのヒット商品を抱えたニシムラフアミリー(北海道)など、地元で愛されてきた洋菓子店のケースが目立つ。国内では男女問わずスイーツ人気が定着し、追い風が吹いているように見える洋菓子店。それにも関わらず苦境に陥る背景には、「コンビニスイーツ」に代表される顧客の購買パターンやチャネルの変化などが要因となっているようだ。

. 洋菓子店の経営を取り巻く「三重苦」、有名店でも生き残りが難しい時代に

洋菓子全体では支出額が伸びるものの、利幅の大きいケーキの支出額は減少傾向で推移している

洋菓子全体では支出額が伸びるものの、
利幅の大きいケーキの支出額は
減少傾向で推移している

 洋菓子店で倒産が多発する要因は、3つの共通点に整理できる。1つ目は消費志向の変化だ。例えば、「クリスマスケーキで1年分の利益を稼ぐ」とも言われるケーキへの支出。総務省家計調査によれば、2009年におけるケーキへの支出額を100とすると、2018年は91.1となり、10年間で8.9ポイントも下落した。節約志向で消費が伸び悩む中でも、洋菓子合計では101.6と堅調に推移しているのに比べ、ケーキへの支出減少は相対的に目立つ。

 2つ目は客足の変化。富士経済によれば、2017年のスイーツ市場全体のうち、専門店などが占めるスイーツショップの市場規模は前年比1.1%減少したのに対し、量販店やコンビニなどが占めるホールセールの市場規模は0.7%増加した。特に、コンビニ各社は洋菓子店より安価で高品質なスイーツを揃え、「プチ贅沢」需要を狙った高価格帯商品も人気だ。また有名ブランドや人気パティシエとのコラボなど、マーケティングにも余念がない。その結果、専門店よりも安価で気軽に購入可能なコンビニなどの量販店に客足がシフト。客足に変化が起きたことで、拡大するスイーツ需要を取り込めていない点もネックだ。

洋菓子作りに欠かせない小麦粉やバターなどの価格変動も、利益率を大きく左右する

洋菓子作りに欠かせない小麦粉や
バターなどの価格変動も、
利益率を大きく左右する

 3つ目は相次ぐコストアップ。帝国データバンクが発刊する「全国企業財務分析統計」では、2017年度における「菓子・パン小売」の原価率は49.3%、過去10年間で最も高かった。輸入小麦価格やバターといった、洋菓子作りには欠かせない主要原料価格の上昇に加え、近年は人手不足により人件費も上昇している。

 洋菓子店を取り巻く「消費志向の変化・客足の変化・コストアップ」の3重苦。有名店であっても生き残り競争が決して容易でない、熾烈な経営環境を物語っている。
.
「街の洋菓子店」として生き残るための変化問われる

進化するコンビニスイーツに対し<br>.、街の洋菓子店はどう対抗するか。その戦略が問われる

進化するコンビニスイーツに対し、
.街の洋菓子店はどう対抗するか。
.その戦略が問われる

   こうした消費者の嗜好変化には大手も敏感だ。シャトレーゼは成長著しいアジアなど海外市場へ、不二家は従来の路面店からスーパー内への店舗出店を加速させるなど、集客力の高い立地に活路を求める。モロゾフはネット通販の独自ブランド「みみずく洋菓子店」を新設、ターゲット層囲い込みによる生き残りを模索している。

 「街の洋菓子店」ではどうか。今後キーワードとなるのは、やはり洋菓子店ならではの強み、「専門性」となるだろう。SNSなどの普及により情報発信が容易となるなか、独自のプレミアム感やテーマ性、世界観といった新たな魅力を積極的に発信するなど「専門店ならでは」の小回りを生かした取り組みで、独自のファン・リピーターを獲得可能だからだ。量販店に奪われた客足を再び呼び込むことができるか、街の洋菓子店としての戦略が問われる。

ヤフーニュースより
9/9(月) 8:40配信   帝国データバンク

世界全体に占める各国名目GDP比(IMF予想)(2019年)

世界全体に占める各国名目GDP比
(IMF予想)(2019年)

日本の経済は益々疲弊していっていて洋菓子に限らず、どんな商品でも他よりちょっと高いものは何も売れないという状況になっています。
国民一人当たりのGDPの国際順位は年々下がってきており、2015年度は世界で32位となっています。アジアの中でもマカオ、シンガポール、香港、台湾などより大分低い価値になっています。1990年代は、ほぼベスト10以内に入っていたことを考えるとそれはもう違い、昔の話であります。
恐らく2019年、2020年の一人当たりのGDPはもっと低くなっている可能性の方が高いと思います。
アジアだけ見てもダメ、世界の中で落ちていく日本。aa aa_20190913113248fd1.jpg
アジアだけ見てもダメ、世界の中で落ちていく日本
反旗を翻す韓国

反旗を翻す韓国

失われた20年、いや失われた30年と言うべき日本経済の衰退は、日本人が気付かないままというか気付かない振りをしている間にどんどん悪化しています。
今、対立激化中の韓国の一人あたりのGDPはこの2015年度では37位ですから日本との格差はほとんど無くなってきています。
1965年日韓基本条約締結の時の国民1人当たりの差は相当ありましたが、今韓国が日本に対して堂々と反旗を翻すのは韓国の思い上がりもあるのでしょうが、実際経済力としては日本の足音が聞こえる位置位には来ているという認識があるからなのでしょう。

百貨店閉店のニュース

百貨店閉店のニュース


新宿の伊勢丹

新宿の伊勢丹

私は7月と8月に4年半振りに、故郷宮崎に帰りましたが、地方の経済的衰退振りも目に見えて悪くなってきています。
ひとつの県に総合デパートひとつも存在しないような県もいくつかあるのではないかと思いますが、東京で私がよく行く新宿の伊勢丹デパートでさえ客足がどんどん遠のいていって平日なんか1階の化粧品売り場と地下の食品売り場を除いてガラガラです。日曜日でさえ客足は少なくなっていて若いカップルやお年寄りがそれなりに居たとしてもほとんど高いものは買っていく様子はありません。
伊勢丹新宿店は日本一売り上げのあるデパートですが、今年前半に全面リニューアルしてデパート側のヤル気満々の姿勢は伝わってくるのですが、顧客の方は大分冷めているというかボタンの掛け違いの方が大分あるような感じに見えます。
そんな中、日本一の売上を誇る新宿伊勢丹でさえかなり厳しいと感じる訳ですから日本全体の経済的落ち込みは押して知るべしです。
日本全国どこに行っても高度成長時代の様な活気はなく日本経済は急激に悪化している状況になっています。その原因のひとつとしては無能な政治家がバブル崩壊以降、全て場当たり的に対応しているだけで、きめ細かく適切に対処しなかった結果なのでしょう。

可分所得

可分所得

国民の所得の中の不可分所得の割合が多くなっていて生活のゆとりがどんどん無くなってきています。つまり不可分所得とは所得の中で差し引く事の出来ない継続的な支出で家賃や光熱費や税金の事で可分所得というのは家賃、光熱費、税金などを引いても残る所得のことで、残りは趣味等にあてられたり貯蓄などにも充てられるお金のことですが、日本人の多くが今やこの不可分所得と可分所得の日々のせめぎあいの中で生きているのです。
つまり所得は上がらないのに不可分所得の割合がどんどん大きくなってきているのですから当然の事として高いケーキ屋のケーキは買わずに、その代わりコンビニにある安いけど高級洋菓子店のケーキとそう変わらないプチ贅沢なケーキを買うというのは当然の流れなのです。
そしてここに来て働き方改革やら、消費税増税の実施もありますから更なる景気減速は避けられないところです。
労働者はたくさん働けないし、企業はたいして働かない社員に給料をたくさん出さなければいけないという矛盾は決着できるのでしょうか。更にそこに冷水を浴びせるように消費税が上がるのですから、日本の政治家と官僚は相変わらずやってはいけないことばかりをやっている、むしろ普通の国民にとっては有害な人達だという事がどんどん解ってきます。

一級建築士  蓑田 常弘


→ブログのトップへ戻る
→ライファ立川のホームページへ
スポンサーサイト



プロフィール

蓑田 常弘

Author:蓑田 常弘

一級建築士 蓑田常弘

株式会社ミノダ建築デザイン 代表
LIXILリフォームショップライファ立川代表
株式会社スインクハート 代表


→ 会社ホームページ

建築一筋だが、建築馬鹿ではない。

いつ仕事をしているか分らないが、しっかり納期には間に合っている。

自分の好きな建物の仕事で生計を立てられている自分はとても幸せ者だと思う。

1日おきの2kmの水泳はこれからずっと続けたいと思っている。
(楽しみというより修行のような)

最新記事
記事へのリンク
月別アーカイブ
ごあいさつ
社長あいさつ