当社が目指しているリノベーションとは その5「リフォーム参入業者は何故失敗するのか」

n_2019070609490413e.jpg

リフォーム業というかリノベーションは特に建設業とは分けて考えなくてはなりません。建設業をサービス業と小売業の重なった部分をリフォーム業とするとリフォーム業は非常に高度な業態であるという事です。
そしてリフォームとリノベーションを違いを全く理解していないことによってちょっとしたリフォームの延長線上にリノベーション工事が続いていて工事において余り注意を払わずに行った結果様々なトラブルが続出してきて、結果的には利益どころか赤字になってしまったという事も意外と多いようです。
リフォーム工事の難しさ

リノベーション工事は簡単にいうと、まずは仕事を取得することの難しさ、そして次に契約した仕事をしっかりと工事をして引渡す事の難しさがあるのです。
仕事を引き渡す事の難しさとして、サービス業としては最も不適切なというか訓練されていない職人を介してしかどんなリノベーションも完成しないという宿命がある為、そこの部分でのトラブルが最も多いという事です。
ですから仕事を取得する営業というところで成功した業者も、たいてい工事をする施工のところで様々なトラブルが発生して失敗するケースがたくさんあります。
リフォーム業への参入

リフォーム業への参入

恐らく、リノベーションは他の業界と違って仕事さえ取得できればほとんど成功できるという様な甘い業界ではないのです。
そういう意味では非常に高度な業態という事になりますから新規参入の業者は恐らく失敗し撤退した時点でもスタッフが悪いとか顧客の質が悪いとか言って責任転嫁をして本当の事がよく理解していないのではないでしょうか。

⑴ 前回のブログで書いたようにリフォーム工事は新築工事と違い最初から全
 ての事を見通す設計図が無いままスタートしていく。
⑵ 施主が住みながらの工事を行う場合も多いしとにかく新築工事と比較して
 工事の舞台裏が全て見られていて、新築工事と同じ事をやったとしてもクレー
 ムになる。
⑶ 世の中の急激な変化による顧客サービスに関する考え方も変化してきてい
 ますが、そこに携わる職人のレベルが社会人としては停滞したままであり、職
 人としては昔と同じことあるいは少しだけ改良して行動したとしてもユーザーと
 の思いの格差は広がっていくばかりである。
⑷ 売上先行であるリフォーム会社は現場での能力、キャパに合っていない。 ⑸ 今では建築のあらゆる部分においてネットで何でも調べる事が出来て、仕様
 と金額のところで問題になる部分が多い。
 元々、建築業界はいい加減というかどんぶり勘定というところがあり、その部
 分は今でも必要なところもありますがそれらのギャップが大きくなってきた。
⑹ リフォーム工事は本来その建物の施工時期や工法や大要年数が全て違っ
 ている為、一般的なマニュアルは存在せず壊してみて初めて内部の様子が
 解るという事でもあるので、元々非常に高度で難解な業態であるという認識が
 施主にも施工者にも無い。

リフォーム工事完了後の引渡し

リフォーム工事完了後の引渡し

  おおよそ以上の様な事がリフォーム業に参入してくる業者が失敗する例でありますが、年々リフォームに従事する人間は、リフォームは非常に高度な業態である事を理解してこの仕事にプライドを持って自分自身も高度なスキルや知識を吸収するべく努力を最大限にしていかなければならないと思っている次第です。

一級建築士  蓑田 常弘


→ブログのトップへ戻る
→ライファ立川のホームページへ
スポンサーサイト



プロフィール

蓑田 常弘

Author:蓑田 常弘

一級建築士 蓑田常弘

株式会社ミノダ建築デザイン 代表
LIXILリフォームショップライファ立川代表
株式会社スインクハート 代表


→ 会社ホームページ

建築一筋だが、建築馬鹿ではない。

いつ仕事をしているか分らないが、しっかり納期には間に合っている。

自分の好きな建物の仕事で生計を立てられている自分はとても幸せ者だと思う。

1日おきの2kmの水泳はこれからずっと続けたいと思っている。
(楽しみというより修行のような)

最新記事
記事へのリンク
月別アーカイブ
ごあいさつ
社長あいさつ