テキスタイルを替える 気分を変える その3 「たかがカーテンされどカーテン」

カーテンを選ぶと言っても、その2で書きましたようにとても奥深く大変な作業なのです。
ですから本来はカーテン選択を普通の建設会社はやりたがりません。せいぜいお客様にメーカーのカーテンカタログを渡して自分で決めて下さいという場合が多いのです。
カーテンカタログ

カーテンカタログ

しかしながら、住まいのインテリアのとても重要な部分を占める照明器具とカーテンと家具については設計した人間にとっては最後まで面倒を見たいと思うのです。ですから、私もこの大変な作業に関わる場合が多いのですが、それはもう大変な気の使いようなのです。
家づくりの一番最後の詰めの部分で、カーテン選びに失敗してそれまでの苦労が水の泡という事になりかねないのです。

現場監督

リフォーム工事の現場監督

ですからキャリアの無い、デザイナーや現場監督には採寸すら中々任せる事はできません。
まして空間に合うかどうかというデザインのセンスも必要ですから、単なるカーテン選びという視点だけではなく、インテリアデザインとしての美的感覚も必要ですし、プライバシーの確保という認識や省エネという意味では、空調関係の知識や使いやすいとかクリーニングしやすいとかの機能性やメンテナンスの事等様々な視点でセレクトしなければなりません。せっかく素敵なインテリアでも最後に選んだカーテンひとつで台無しになったというケースをたくさん見てきましたので、私は自分がデザインした家のカーテンは自分で選びたいと思っているのです。
ですからカーテン選びは、たかがカーテンというものでは無くとても大切なものなのです。
照明器具とカーテンと家具

照明器具とカーテンと家具


images_20190416143140bc2.jpg
そしてカーテン、照明器具、家具選びの段階では建物の完成のプロセスとして一番最後のところになりますから、最初に想定した予算は大体使い切っていて、その残された少ない予算で、その部屋にマッチしたカーテンを選ぶのは、それなりの専門家としてのキャリアとセンスがとても大切な事になります。
それもダラダラと決めても中々決まりませんから、最後は直感に頼りエイヤッと決めるしかないのです。
そしてこれらの選択ではネットの画面上とかカーテンカタログの小さな見本で選ぶのは失敗の元、やはり実際に現物を見に行くとか大きなサンプル生地を貰うとかしないと大体失敗する事になります。
私のような何十年も経験しているプロでもその家のどの窓のカーテンを選ぶにしても大変な作業になるのです。しかしながらそれらがぴったりとはまると、とても気分が良くなり、但し失敗すると大分落ち込むことになります。

バルーン式カーテン

バルーン式カーテン

カーテンといっても先程少し述べましたように普通の引き分けカーテンからローマンシェード、バルーン、ブラインド、ロールカーテン等の形式があり、厚地カーテン、薄地カーテン、レース及びケースメント等があり、更に遮光とかシャワーカーテンとか暗室用カーテンといった機能的にも分類され、価格帯もメートルあたり300円位から5万円位まで、とてもたくさんのバリエーションがあり、又、カーテンレールやカーテンボックス周り等の種類もたくさんあり中々奥が深いものです。ですから製品選びから採寸から取り付けまで専門知識がないと中々難しい仕事でありながら、カーテン選びのお金を頂くというのも中々難しいのです。
通常はインテリアコーディネーターやインテリアデザイナー、設計士が行う仕事ですが、これらのほとんどの人達はカーテンに関してはほとんど素人のような人達ですから、安易に任せるとほとんど失敗するほど難しいのです。まさに「たかがカーテン、されどカーテン」なのです。
ロールカーテン 木製ブラインド レースカーテン
ロールカーテン 木製ブラインド レースカーテン

障子 昔は開けっぱなしで換気も良かった

障子 昔は開けっぱなしで換気も良かった

日本は元々、障子というもので外光を遮ってきたり田舎の方では特に他の家に対して開け広げてきたような文化がありました。夏は特に窓自体も1日中開放して風を入れて蚊帳を吊って寝るという生活をしていました。
ですから洋風のカーテンが入ってきた歴史はそれほど古くはありませんから、ヨーロッパや北欧に比べると文化的、素材的にもまだまだ遅れをとっているのかも知れません。
ですから、少し良いカーテンとなるとイギリスやフランスやイタリア、そしてフィンランドやノルウェー、デンマークといった北欧の製品から選ぶという事になるのです。
IKEA店内

IKEA店内

近年では、日本にも「IKEA」というスウェーデンのメーカーが上陸し、安価な商品を提供してくれるようになりましたから、私も予算に困ったら立川のIKEAに行って選んで買ってくるという事も多くなりました。価格は、例えばマリメッコに比べると1/5~1/10位の違いがあります。
実は私の家の3階リビングの南側の大きな窓には2年前にIKEAで探してきたカーテンを取り付けてあります。これも白地に黒い模様で描いた大胆なデザインでそれなりに気に入っています。
DSCN9063.jpg

この自宅リビングのカーテンはIKEAで購入しました

何といっても南側に直射日光が当たるので色柄の日焼けが激しいのでとても価格の高い商品は取り付けられません。
今回の私の家のカーテンは2つとも北側の窓でしたから、マリメッコのカーテンにしたという理由があるのです。
そしてそのマリメッコの副産物として余った生地で4個のクッションカバーを作る事が出来ました。
DSCN9078.jpg DSCN9070.jpg
カーテン生地でクッションカバーも作りました マリメッコのクースカスヤリのカーテン

一級建築士 蓑田常弘


→ブログのトップへ戻る
→ライファ立川のホームページへ
スポンサーサイト



プロフィール

蓑田 常弘

Author:蓑田 常弘

一級建築士 蓑田常弘

株式会社ミノダ建築デザイン 代表
LIXILリフォームショップライファ立川代表
株式会社スインクハート 代表


→ 会社ホームページ

建築一筋だが、建築馬鹿ではない。

いつ仕事をしているか分らないが、しっかり納期には間に合っている。

自分の好きな建物の仕事で生計を立てられている自分はとても幸せ者だと思う。

1日おきの2kmの水泳はこれからずっと続けたいと思っている。
(楽しみというより修行のような)

最新記事
記事へのリンク
月別アーカイブ
ごあいさつ
社長あいさつ