大人のリノベーション テーマ別考察 「長生きできる家」その3

温度差によるヒートショック

温度差によるヒートショック

家の機能性としての長生きできるポイントとして、浴室とか脱衣室の断熱性能を上げたり、暖房設備を設置したりしてヒートショック対策をするとか、空気を汚さない為の工夫とかをします。
安全性の高い床暖房をして赤ちゃんや高齢者の快適さを保つとか、断熱サッシへの交換や、内側断熱サッシ取り付け等で室内の温度を高めるとか、直射日光に当たるような間取りにする事も大切です。家の中の換気を良くするとかを行います。
又、家族といえどもある程度個人のプライバシーを守るとかの配慮も必要でしょう。
特にご主人の実家に嫁いだ嫁さんや逆に婿さんに配慮した間取りの実現も必要でしょう。
又、部屋の中の色による心理的効果も大切だと思います。

壁内結露

壁内結露

あとは常に私がいつも感じている事ですが、ハウスメーカーや建売住宅における高気密高断熱住宅を作る為の競争や、新築工事では法律で業務付けられた24時間換気システムの導入は何かと問題が発生しています。
この高気密高断熱住宅と24時間換気システムはセットものですが、これは行政の方で決めたものです。もちろん専門家の意見も聞きながら決まった事とはいえ、恐らく先に政治ありきの専門家による意見や報告でしょうから、これらの事を新築住宅全てに義務付ける事は行政の勝手な思い込み以外の何物でもありません。
何といっても個々人のプライベートな家の基本的仕様について政治家や役人が勝手にこうしなさいと決定するのは間違っているし、実際これら2つの実現により様々な悪い事例や報告がなされています。
24時間換気システムにより家中にカビを撒き散らしてしまう

24時間換気システムにより家中に
カビを撒き散らしてしまう

例えば、新建材だらけの家を認めておきながら、高気密高断熱を作ってしまうと、壁の中が湿気や結露で濡れてしまい、そこにカビが発生するという現象があちこちで発見されています。それを24時間換気で家の中に撒き散らし、更に新建材から発生するホルムアルデヒド等の有害物質や外気の汚れも家の中に取り込んでしまうという弊害が至る所に出ています。ですから、医療における薬の投与についても同じですが、新建材の有害性の基準値は、あくまでも国の定めた基準値以下だから安全だと言っているに過ぎないのです。

あとは、間接的ではありますが、長生きの秘訣としては、いつまでも学ぶというか勉強するという事も脳が活性化してボケ防止の為にも必要な事でしょう。
私の設計する家では、小さなスペースがあれば可能な限りたくさん造り付けの机のようなものを設置するようにしています。
書斎

書斎

今のネット社会の中でパソコンをチェックする事も必要ですが、机のあるところで実際の本を読むという事も大切です。
たくさん本を読むことによって頭が鍛えられて色々な知恵がついてきて、生き方が上手になるとか余計なことはしなくなったりストレスも少なくなるという事にもつながっていくと思います。

私が書いているこのブログは、私自身では「心の修行」と呼んでいて、楽しく生きて行く為には、考える事、調べる事、書く事が必要な事だと思っていますので、生活の中での色々なテーマを見つけては考え書いています。そして1日置きの2キロの水泳が「体の修行」と位置付けていて、この2つの両輪で残された人生を楽しく続けて行きたいという願望なのです。
長寿

長寿

あとは、食事というのも人間が長生きする為には重要な要素だと思います。
恐らく現代の日本人が長寿でいられる原因のひとつとして、昔に比べて食事の内容が豊かになったという事があるでしょう。それは食べ物の質と量というところも、とても重要だと思われますが、何も大袈裟な食事制限をして自分の食べたいものを控えるというのも度が過ぎるとストレスになりますから、それは人それぞれでしょうが私なんか17年間も辞めていたタバコを去年から1日2~3本位喫うようになったとか、好きなお酒は18歳から今までほとんど欠かしたことが無いという変な自慢がありますが、人それぞれの長い人生の内、時にはそのような気楽で柔軟な考え方も必要なのではないでしょうか。
そして何があったとしても、それも自分の運命であるし、少なくとも自分がこれまで行った事に対する天命でもあるのだろうと思える心の余裕も必要ではないでしょうか。


→ブログのトップへ戻る
→ライファ立川のホームページへ
スポンサーサイト



プロフィール

蓑田 常弘

Author:蓑田 常弘

一級建築士 蓑田常弘

株式会社ミノダ建築デザイン 代表
LIXILリフォームショップライファ立川代表
株式会社スインクハート 代表


→ 会社ホームページ

建築一筋だが、建築馬鹿ではない。

いつ仕事をしているか分らないが、しっかり納期には間に合っている。

自分の好きな建物の仕事で生計を立てられている自分はとても幸せ者だと思う。

1日おきの2kmの水泳はこれからずっと続けたいと思っている。
(楽しみというより修行のような)

最新記事
記事へのリンク
月別アーカイブ
ごあいさつ
社長あいさつ