相続税と相続対策について その3

本当の相続相談をしてくれる所はどこにも無い
不動産仲介

不動産の仲介+α の事をしたく思います。

街の不動産屋は相続で得た不動産を売却したり賃貸したりするだけで、法定相続人の間に入って調整してくれる能力はありません。大手の不動産会社も実際に最終的な依頼のあった不動産の売却の仲介をするだけで、そのスタッフは相続に対する知識も経験もありません。そして大手不動産業者の本部では、相続に関する少数のスタッフがいるだけで、ほとんどの場合それは大地主や大資産家のみを対象としており、普通の相続人の相続を受ける窓口ではありません。又、銀行や信託銀行も一応相談窓口を持ってはいますが、法定相続人との間の調整をしてくれるところではなく、相続によって分配されたお金を預金したり投資させたりするところなのです。
私も何回かそれら金融機関の主催するセミナーに参加した事がありますが、その相続セミナーの講師を税理士や司法書士に丸投げして行っているにすぎず、あなた達には相続税がこれだけかかりますよと伝えるだけで、相続人の不動産の売却や仲介や管理は不動産業者に丸投げするだけなのです。
相続相談は非常に高度でデリケートな問題である
相続において一番大事な法定相続人全ての間に入って調整をして相続財産を分配するという、きめ細かいアドバイスはしてくれるところは、どこにもありません。
なぜなら相続は直接利権が絡む、非常にデリケートな問題であり、かつ、利権が法定相続人の配偶者や子供達にまで複雑に絡み合っていて普段接した事もない人達もいたりして中々事務的解決するのは難しいのです。結局、命の次に大切なお金の問題ですから、相族人それぞれの本音の部分に入り込まない限り解決しないからです。大手銀行や大手不動産会社では、とてもそんなところに入るなんて事は出来ません。下手をすると逆に訴訟されたりする恐れもありますから、それらを上手く采配出来る人や組織は、ほとんどいないのが実情です。

相続問題の解決には、人間力・交渉力が不可欠
相続

相続問題の解決については、複雑な人間関係の調整や、多岐に渡る資産や負債を調査し短期間で解決しなければならず、それを「平等」に分ける事は非常に難しく、時には「平等」というより「納得」を目指すという考え方も重要だと思われるのです。
しかしながらこれらの調整を利害関係が異なる、親族同士が行うのは難しく、ましては前述したとおり税理士や司法書士や街の不動産屋や銀行では不可能です。それらをやり遂げるのは、それらにまつわる法律や税金や不動産の実勢価格が解った上でその案件に集中出来て、かつ「交渉力」があり「人間力」もあって、かつ「信頼出来る人」でなければ不可能だと思われます。

相続とは、相続資産の税額の調査と合計の算出。そして相続人への分配、納税の事です。
資産とは、金融資産と不動産資産と、その他。更に分かれ、死亡保険金と死亡退職金
金融資産とは現金、預貯金、債務、投資信託、株式等を言い
不動産とは、家族が住み続ける土地と建物、それ以外の土地と建物と貸家の土地と建物の事です。
その他とは、ゴルフ会員券や自家用車、家財一式、美術品、骨董品類、仏具基地のことです。
そんな中、不動産の価値の算出と活用方法をどのようにするかによって相続人の分配の金額や争いごとが起こるかどうかが決まります。
それは価値、価格の創出であり決定相続人の納得をいかにするかということです。


→ブログのトップへ戻る
→ライファ立川のホームページへ
スポンサーサイト



プロフィール

蓑田 常弘

Author:蓑田 常弘

一級建築士 蓑田常弘

株式会社ミノダ建築デザイン 代表
LIXILリフォームショップライファ立川代表
株式会社スインクハート 代表


→ 会社ホームページ

建築一筋だが、建築馬鹿ではない。

いつ仕事をしているか分らないが、しっかり納期には間に合っている。

自分の好きな建物の仕事で生計を立てられている自分はとても幸せ者だと思う。

1日おきの2kmの水泳はこれからずっと続けたいと思っている。
(楽しみというより修行のような)

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

建築に関するブログ

住まいに関するブログ

自然素材に関するブログ

ごあいさつ
社長あいさつ