働き方改革について その3 「誰の為に作ったのか」

強者と弱者

強者と弱者

どの世界にも弱者が居て、その弱者をその世界の強者や世間が救済していくという世の中は必要だと思います。
そして、ある部分は法律や制度によって守っていくという事は当然の事ですが、その法律が一方的で過敏なものであったり強者の意欲を削ぎ国民が諦めムードになるような法律は、目的とは逆の効果になります。

続きを読む

スポンサーサイト



働き方改革について その2 「木を見て森を見ず」

働き方改革関連法施行記事

働き方改革関連法施行記事

4月1日から順次施行されていく働き方改革関連法は、1947年に労働基準法が制定されてから70年振りとなる大改革ですが、様々なところから疑念と不評が出てきています。
働き方改革は人間にとって最も大切な労働についての国の指針や法律ですが、余りにも荒っぽい内容でありながらとんでもない規制を設けており、本当に仕事に生きがいを見つけていきたい人にも、又、そういう人材を雇用する企業側にも変なブレーキをかける制度の様な気がします。

続きを読む

住宅を長持ちさせる為に その1 「日本の住宅の価値は約20年でゼロになる」

家の資産価値

家の資産価値

建ての住まいを自分で建てるにしろ中古住宅で購入するにせよ建物の資産価値がどのようなものであるかを知ることはとても大切です。
自分の思い入れのある住宅を売却する事になって仲介の不動産会社から、この住宅は築21年経過しているので建物の資産価値はありません。

続きを読む

家の中の有害物質 その1

無題

アスベスト(石綿)

建築資材の中で健康被害として今まで大きな問題になったのはアスベスト(石綿)による健康被害があります。
1975年頃以前の建築物にたくさん使用された有害アスベストは、鉄骨造の耐火被覆の材料や保温材、防音材として使用され、一般住宅ではカラーベストという屋根材にも微量ながら含まれていました。

続きを読む

働き方改革について  その1 「世紀の悪法」

通常国会で働き方改革関連法が成立

国会で働き方改革関連法が成立

2018年、通常国会で働き方改革関連法が成立しました。
この「働き方改革関連法」は、1つの法律ではなくいくつもの法律の改定が含まれるもので、労働基準法、労働安全衛生法、労働時間等の設定の改善に関する特別措置法、じん肺法、雇用対策法、労働契約法、短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律、労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律、これらの法律が対象になっており、改正内容も多岐に渡るものです。
簡単にまとめれば、労働時間の上限が決められたことや、使用者にも労働者の労働時間の把握業務がある事や、有給休暇や高プロフェッショナル制度や、フッレックスについてです。

続きを読む

木材についての林野庁の発表 その7 

木材には癒し効果があります

平成28年林野庁の委託のよって、構造振興(株)が歳の不質化等に向けた新たな製品・技術の開発・普及委託事業(木材の健康効果・環境貢献等の評価普及のうち、木材の健康効果・環境貢献等に係るデータ整理)により取りまとめられた成果を何項目に渡り発表していきたいと考えています。
そして「木の良さ」に関する知見や研究で得られた情報を入手し、化学的な視点で検証、整理してまとめてあります。それについての私自身の体験や意見を述べさせていただきます。

続きを読む

木材についての林野庁の発表 その6 「木材を塗装するとどうなるのか」

forest-1746282_960_720.jpg

平成28年林野庁の委託のよって、構造振興(株)が歳の不質化等に向けた新たな製品・技術の開発・普及委託事業(木材の健康効果・環境貢献等の評価普及のうち、木材の健康効果・環境貢献等に係るデータ整理)により取りまとめられた成果を何項目に渡り発表していきたいと考えています。
そして「木の良さ」に関する知見や研究で得られた情報を入手し、化学的な視点で検証、整理してまとめてあります。それについての私自身の体験や意見を述べさせていただきます。

続きを読む

年齢と病気

誰にでも訪れる老化

誰にでも訪れる老化

歳を重ねるとあちこちの体調が悪くなります。
若い時と比べて皮膚や細胞が老化していくのですから、それは当たり前のことです。すなわち老化現象というのでしょうか。
歳をとると目がかすんだり、耳が遠くなったり、膝が痛くなったり物忘れが多くなったりと、若い時とは違う体の変調が次々と起こってくるものです。

続きを読む

中小企業の127万社が廃業の可能性

5e8cb056.jpg

現在日本には、約380万の中小企業があるといいますが、社長の平均年齢は66才と高齢化しています。そんな中、「もうすぐ社長が定年を迎えるが後継者が決まっていない会社」というフィルターを加えると127万社が廃業予備軍となっているという訳です。この数字に日本の会社全体の約3分の1に当たるといいます。

続きを読む

木材についての林野庁の発表 その5 

無題

平成28年林野庁の委託のよって、構造振興(株)が歳の不質化等に向けた新たな製品・技術の開発・普及委託事業(木材の健康効果・環境貢献等の評価普及のうち、木材の健康効果・環境貢献等に係るデータ整理)により取りまとめられた成果を何項目に渡り発表していきたいと考えています。
そして「木の良さ」に関する知見や研究で得られた情報を入手し、化学的な視点で検証、整理してまとめてあります。それについての私自身の体験や意見を述べさせていただきます。

続きを読む

平成最後の日は、雨の中庭の植栽の仕事をさせていただきました。 その3  樹木や植栽の奥深さに魅せられる

植木屋

植木屋

今までの経験から植木屋に依頼しても、私の気に入った庭造りにしてくれそうにありません。そこで私自身が植木屋に行って、適切な木や草花を探そうと思いました。
先日当社ビル正面の植栽がすごく良かったとブログに書きましたが、その時と同じように、立川市内にある植木屋さんを何軒か訪ねる事にしました。そして植木屋を3ヶ所、更に市やJAの関連イベント等を廻り、自分の目で見て探してくることにしました。

続きを読む

平成最後の日は、雨の中庭の植栽の仕事をさせていただきました。 その2

< 不動産部門の相続の相談から自宅のエクステリア工事の仕事の依頼 >

古い万年塀

古くなって劣化した万年塀が見えるのは、
お客様も不本意なご様子だった。

まずはコストを下げるために表面材として使用する板材は、規格品を使う事にしました。
その木材は貫材といって、壁の下地材として使用するものですが幅は90ミリ、厚さは9ミリ、12ミリ、15ミリとある中、耐久性を考慮して一番厚い15ミリ板を使用することにしました。
高さ、約1.5メートルの塀の上からその貫材を1枚貼って2センチの隙間を空けてもう1枚板に貼る、そしてその次は青竹を2つに割ったものを貼ってアクセントをつけ、下までその繰り返しで貼っていくというデザインにしました。


続きを読む

平成最後の日は、雨の中庭の植栽の仕事をさせていただきました。 その1

< 不動産部門の相続の相談から自宅のエクステリア工事の仕事の依頼 >

相続相談から始まりました

相続相談から始まりました

このお客様は、約2年位前に知人からの紹介で、相続の事前相談のような形の仕事を不動産会社の方で対応させていただきました。 それは、難しい問題もありましたが結果的には良い解決策を見いだすことが出来ました。
そして間もなく実際相続が発生した時もご依頼があり、司法書士や税理士の先生とタッグを組みながら問題を解決しました。その一連の行動によりそれまで希薄だった親子関係や兄弟の関係が修復出来たと言っていただき、そういう意味でもありがとうございましたと言っていただきました。

続きを読む

木材についての林野庁の発表 その4 「木材の使い方が人の印象にどのような影響を与えるか」

無題

平成28年林野庁の委託のよって、構造振興(株)が歳の不質化等に向けた新たな製品・技術の開発・普及委託事業(木材の健康効果・環境貢献等の評価普及のうち、木材の健康効果・環境貢献等に係るデータ整理)により取りまとめられた成果を何項目に渡り発表していきたいと考えています。
そして「木の良さ」に関する知見や研究で得られた情報を入手し、化学的な視点で検証、整理してまとめてあります。それについての私自身の体験や意見を述べさせていただきます。

続きを読む

木材についての林野庁の発表 その3 「木材は視覚的にどのような効果があるのか」 

木の癒し

平成28年林野庁の委託のよって、構造振興(株)が歳の不質化等に向けた新たな製品・技術の開発・普及委託事業(木材の健康効果・環境貢献等の評価普及のうち、木材の健康効果・環境貢献等に係るデータ整理)により取りまとめられた成果を何項目に渡り発表していきたいと考えています。
そして「木の良さ」に関する知見や研究で得られた情報を入手し、化学的な視点で検証、整理してまとめてあります。それについての私自身の体験や意見を述べさせていただきます。

続きを読む

プロフィール

蓑田 常弘

Author:蓑田 常弘

一級建築士 蓑田常弘

株式会社ミノダ建築デザイン 代表
LIXILリフォームショップライファ立川代表
株式会社スインクハート 代表


→ 会社ホームページ

建築一筋だが、建築馬鹿ではない。

いつ仕事をしているか分らないが、しっかり納期には間に合っている。

自分の好きな建物の仕事で生計を立てられている自分はとても幸せ者だと思う。

1日おきの2kmの水泳はこれからずっと続けたいと思っている。
(楽しみというより修行のような)

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

建築に関するブログ

住まいに関するブログ

自然素材に関するブログ

ごあいさつ
社長あいさつ