ニュース拾い読み 海自哨戒機が「威嚇飛行」 

嘘が真実になる前の「大人の対応」
■賛否両論の「大人の対応」
日本と韓国との間で起こった「レーダー照射事件」は、一向に解決に向かう気配が感じられず、いつまでも駄々をこねる韓国側に対して、ついに日本側は「大人の対応」として、韓国政府との協議を打ち切る発表を行った。
これには賛否があるようで、「甘い」という声や、「これで良かった」という声も聞かれる。
私自身も「甘い」と思う反面、「これで良かったのかもしれない」とも思っている。(理由は後述)
以前のブログ記事で「日本」と「韓国」の関係を「いじめられっこ」と「いじめっこ」という表現を用いて書かせてもらった。
その喩えで言うなら、「いじめられっこ」が「いじめっこ」に対して「大人の対応」をとるということは、「泣き寝入り」を意味し、事件の解決を放棄した単なる「事勿れ対応」にしかならない。そういう意味では「甘い」というのは正しい。
news.jpg

■「嘘も百回言えば真実になる」からの回避
しかし、ここでもう1つ考えなければならないのは、ナチスのゲッペルスが言ったとされる次の言葉だ。
「もしあなたが十分に大きな嘘を頻繁に繰り返せば、人々は最後にはその嘘を信じるだろう」
所謂、「嘘も百回言えば真実になる」という言葉の元になったとされる台詞だが、このままレーダー照射問題について日本側が韓国側を糾弾し続けたとしても、その度に嘘を付いて、はぐらかされる可能性が高い。
相手(韓国)は罪を認める気が一切なく、嘘を言うことにも何の恥も感じていない。それは長年続き現在でも未だ行われている反日教育の為せる業かもしれないが、彼らが自らの過ちを認めて日本側に頭を下げるということは、政治的にも、およそ考えられないことでもある。そもそも謝罪することが美徳だとするような考えは、日本でしか通用しないからだ。
他のアジア諸国において、自らの過ちを認めて謝罪するという行為は、敗北を意味する。それは反日教育は間違いだと認めることに繋がりかねないため、どんな嘘を繰り返してでも事実をねじ曲げようとしてくるだろう。既にその傾向は出ており、明らかに無理筋の言い訳を展開していることは子どもにでも感じられるはずだ。
記者会見するソ・ウク作戦本部長=23日、ソウル

記者会見するソ・ウク作戦本部長=23日、ソウル

現在の韓国政府の姿を観ていると、嘘を言っても恬として恥じないところは中国(中共)と同じだと言える。
このまま普通に協議を続けると、延々と嘘を繰り返し、「嘘も100回繰り返せば真実になる」という具合に、またまた日本が悪者にされてしまう可能性がある。
嘘を100回繰り返されないため(=嘘が真実になる前)の「大人の対応」なら、応急処置としては仕方がないとも思う。しかし、それで完全に引き下がったのでは、「泣き寝入り」したことにしかならないため、別の策を講じる必要がある。
<ライブドアニュース内ブロガーの記事より引用>

続きを読む

スポンサーサイト



日本はどんどん貧乏になっている

hinnkonn.jpg

アベノミクスによる経済成長

長期に渡る安倍政権の成果として、アベノミクスによる経済成長があり、株価が上がっているとか、失業率が低いとか言われていますが本当でしょうか。
本当に景気が良いのならサラリーマンの所得や個人事業者の所得も増えても良さそうですが実際はそのような傾向にはありません。 サラリーマンの給料や個人事業者の所得が増えているどころか、むしろ減っているか横ばい状況になってはいないかというのが実態のようです。

続きを読む

木について…その7  「丸太から柱や板を取る」

丸太市場

私達が建築現場で見かける木材の柱や土台や梁材の構造材や、無垢のフローリングや外壁材は全て丸太から木取りしています。 木取りとは、原木である丸太や大型の木材から必要な寸法、品質の木材を製材する事を言います。木取り法には板目木取りと柾木木取りがあり、柾木の方が木理が並行で乾燥収縮率が小さく狂いが少ないが、板目に比べると幅広材が取りにくく、木取りも複雑で作業能率も落ちるとされています。

続きを読む

木について…その6  「日本人にとって木とは」

日本の森林

日本の森林

日本で木造建築の設計においては2階建てまでは構造計算は不要ですが、構造計算の必要な3階建ての建物でも木の材質は問われず、ただ建設時の強度さえ確保できればいいのですが、これらの木材の強度は乾燥しているところの強度ですから日本のような高温多湿なところで使用するとそれらの木材は湿気を帯びてカビが生えたり一部腐蝕したりします。
そうすると木材の強度は一気に弱くなってきます。その場合の国産材と外材(地域によりますが)との強度の差は相当違いが出てきます。

続きを読む

木について…その5  「木肌の魅力と年輪」

images24JWUBL3.jpg

塗装された家具

西洋においては、木製の家具や調度品はほとんどクリアーの塗料が塗られていますが、日本の桐の箪笥や桧の浴槽や外に掛ける看板でさえ木材の無地のまま使用してきました。
日本人は木に対して見た目の美しさだけでなく木の香りも楽しんできたのです。
木材は塗装をすると木目が際立ったり美観を引き出したり長持ちさせることは出来ますが、木の香りを残す事は出来ません。

続きを読む

ニュース拾い読み 「首都高速道路株式会社は、またまた小賢しい事をやって収入を上げるのか」

高速道路の点検修繕工事

2016年2月8日と2014年1月23日にも高速道路利権にまつわる様々な手口を指摘してきましたが、今度は又新たな手口で実質的値上げを画策していると直感的に感じました。
恐らくこれらのニュースが出てくる時点では、裏では政治的な根回しは行われているのだろうという怒りと諦めの様々な感情が湧いてきます。

続きを読む

木について…その4  「日本と西洋の違いについて」

住まいについての日本と西洋の違いを大雑把なイメージでいうなら木造建築と石造建築ということで分類されるかも知れません。
日本人は、2000年前から木を建築資材として使ってきました。較べて、西洋屋根の建物は、石とレンガと絨毯というイメージがあります。

続きを読む

木について…その3  「現代の日本人の住まいや日用品について」

ki.jpg

木材

木について考える時に、一番最初に浮かぶのは、日本人の住居についてですが、かつては木造在来軸組住宅が主流でしたが、今では木造と言ってもツーバイフォー工法やパネル工法といって合板で作ったパネルが構造材といった建物が主流となってきています。基礎工事が終わったら、あっという間にパネル建築素材をクレーンで吊り下げて1日で終わるという建物が多く建てられるようになりました。それらの建物はとても木造建築とは言えないような木で出来た建物という軽い感じがします。鉄骨系住宅やコンクリート系住宅の比率もどんどん増えていて、木材が売りといっているハウスメーカーの住宅でも柱・土台・梁材等の構造材以外の内外装材は、ほとんど新建材という石油から出来ている工業製品で作られています。

続きを読む

家づくりという贅沢   その3

床の間 茶道具 花

床の間 茶道具 花

住まいではありませんが、京都にある千利休の作った2帖の茶室である「待庵」はその狭さにも関わらずそこに招かれた人が大きな感銘を受けたのは疑いの余地はありません。
それは茶室そのものが「詫び錆」を謳いそれを装っていたとしても建築物としても床、壁、天井、床の間とどこの部分をとっても様々な工夫をしていることはもちろんの事、その建物を作る上での全体の構想が優れている事、そしてその建物の細部にもその創作者の気持ちが行き届いている事も必要です。

続きを読む

家づくりという贅沢   その2

建築工事中

建築工事

昔から自分の気に入った家を作るのに3回位作り変えなければだめだという事は昔から言われていますが、実際は3回位では中々気に入った家に住むことは出来ません。
何故なら家を作るのにはどこかの設計者や施工者を選ばなければならず、その人達が必ずしも素晴らしい家を作る能力を持っているとは限らないからです。
だからと言って住居の場合は1回作ると普通に最低でも10年20年と住む訳ですから、人生80年の間にそう何回も作れるものではありません。

続きを読む

家づくりという贅沢   その1

人間の基本的生活の営みとして、衣食住という要素は欠かせないものです。
家つくり

人によっては、着た切り雀で何のこだわりも無くほとんど毎日同じ服を着る人もいるでしょうし、食にしても家で出される物は何でもいいし、あるいは毎日カップラーメンでいいという人もいるでしょう。住については雨と風がしのげればどこでも、あるいは雨が少し漏れようが隙間風が吹こうが構わないという人もいるかも知れません。

続きを読む

日本の建物 その2   「高床式住居と竪穴式住居」

登呂遺跡 高床式倉庫と竪穴式住居

登呂遺跡 高床式倉庫と竪穴式住居

竪穴式住居とは地面を円形や資格に掘り、その中に複数の柱を建てて梁や垂木をつなぎ合わせて家の骨組みを作り、その上から土や葦等の植物で屋根を葺いた建物の事で、室内の中央や奥には炉があり食べ物の煮炊きや明りとしての機能や暖房などに使われていました。
日本の旧石器時代の人々は台地上に住むことが多く、例外的には岩陰や洞窟に住むことがありました。

続きを読む

日本の建物 その1   「あらゆる建築物の原型は住まいである」

竪穴式住居

竪穴式住居

昔の建築と言っても時代がいつなのか、又、用途が何なのかによっても大分違ってきます。
日本の時代の分類としては縄文時代、弥生時代、古墳時代、飛鳥、奈良、平安、鎌倉、室町、安土桃山時代と続き、江戸時代から明治時代、大正時代、昭和から平成へと続いていますが、飛鳥時代位までは住居は竪穴式住居と言って地面に円形あるいは四角に穴を掘って、それに独立柱を立てて茅葺の屋根を掛けた簡素な建物でした。

続きを読む

2019年 年頭挨拶

明けましておめでとうございます

続きを読む

プロフィール

蓑田 常弘

Author:蓑田 常弘

一級建築士 蓑田常弘

株式会社ミノダ建築デザイン 代表
LIXILリフォームショップライファ立川代表
株式会社スインクハート 代表


→ 会社ホームページ

建築一筋だが、建築馬鹿ではない。

いつ仕事をしているか分らないが、しっかり納期には間に合っている。

自分の好きな建物の仕事で生計を立てられている自分はとても幸せ者だと思う。

1日おきの2kmの水泳はこれからずっと続けたいと思っている。
(楽しみというより修行のような)

最新記事
記事へのリンク
月別アーカイブ
ごあいさつ
社長あいさつ