建築は使い勝手(機能性)と遊び心(アート)を両立させて素敵になる その3

私が30年前に建てた住宅の現在の姿で見てみる <1階客間(和室)について>その1


玄関和室入口 縁側と和室

玄関の奥に位置する和室をご紹介 玄関から和室、そして縁側と庭を見る

私の家は南に多摩川があり、四季の景色は良いが台風の時は強風の当たる場所に建てた為、建物の基構造は木造ではなく重量鉄骨造にしました。ですから建物の外観は普通の家というより、ひとつのビルの様に建っていて、どちらかというとモダンな感じです。 そして内部デザインも洋風なモダンデザインになっていますが、その中に唯一純和風な部屋がを作りました。 日本人の建築家として、私が生まれ育った集落や家を想いうかべると、どうしてもそのような日本の伝統的な部屋を作りたいと思ったからです。 この和室はそれなりに本格的な純和室となっており、伝統的な真壁造りとなっています。 広さは8帖の和室に押し入れと床の間、仏壇、水屋があります。そして南に広縁が付いています。この広縁は建築後10年位経過した時に増設したものです。

続きを読む

スポンサーサイト



二ユース拾い読み 「漢方ビッグデータで検証 効能や副作用 1種100万人収集」

漢方ビッグデータ

政府は、漢方薬の効能などについてビッグデータを活用して検証する方針を固めた。
来年中にも始め、薬1種類につき100万人規模の使用者データを集めて分析する。科学的な根拠を確立し、漢方薬の効果的な服用方法を見つけたり、副作用の防止につなげたりしたい考えだ。
内閣官房が2019年度予算の概算要求に関連費用を盛り込む。
漢方薬は、植物の根、茎、葉を乾燥させるなどした生薬を複数種類組み合わせたもので、そのまま飲んだり、お湯に溶かしたりして服用する。
かぜに効く「葛根湯」や、不眠などに効く「抑肝散(よくかんさん)」などが有名だ。約150種類の漢方薬が保険適用対象になっている。
日本の伝統医療でもある漢方医学だが、元になったインドの「アーユルベーダ」や中国の「中医」といった伝統医療も含めると、薬は数万種類あるとされる。
経験に基づいているため、効能や副作用が出る仕組みなどが科学的によく分かっていない薬も多いという。
検証作業は、政府の健康・医療戦略推進本部や厚生労働省を中心に行う。全国の病院、診療所、介護施設に協力を募り、患者の診察記録や介護施設での日誌などをもとに、漢方薬の使用状況や効果に関する状況をサーバーに収集する。
膨大なデータを匿名化した上で統計的に処理し、漢方薬の効能を確かめるほか、どのくらいの期間、どのような方法や頻度で服用すれば副作用を出さずに病気を効果的に治癒できるのかを調べる。病気の予防や健康増進にもつなげる方法も見つけたい考えだ。手術などで病気の原因を取り除く西洋医学との効果的な組み合わせも検証する。
サーバーは漢方に基づく診療を行っている「漢方医学センター」がある慶応大学病院(東京都)に置く方向で検討している。検証作業には10年程度かける予定で、政府は病気の予防が進めば医療費の削減につながると期待している。
<8月24日読売新聞より引用>

ビッグデータ(ウィキペディアより引用)
ビッグデーター

ビッグデータ とは、一般的なデータ管理・処理ソフトウエアで扱うことが困難なほど巨大で複雑なデータの集合を表す用語である。
ビッグデータを取り巻く課題の範囲は、情報の収集、取捨選択、保管[3]、検索、共有、転送、解析[4]、可視化等多岐にわたる。これら課題を克服しビッグデータの傾向をつかむことで「ビジネスに使える発見、疾病予防、犯罪防止、リアルタイムの道路交通状況判断」に繋がる可能性がある

続きを読む

建築は使い勝手(機能性)と遊び心(アート)を両立させて素敵になる その2

私が30年前に建てた住宅の現在の姿で見てみる <玄関偏>その2-2

玄関グリーン

玄関へのアプローチ

私の家の玄関は、どのような気持ちで設計したのかを見ていきたいと思います。

家の主出入り口は北側の道路ですから、北西の角を玄関としました。外部は外からの目隠しの為、塀を1.7m位立ち上げてあります。
その塀には一体感を出す為、建物外壁と同じグレーのタイルを貼り、塀全体の中間に何ヶ所かモルタルのかき落とし仕上げをして、そこに色付きのガラス棒を埋め込みました。通りすがりの人や近所の子供達にも少しでも楽しんでもらう為という意味もあります。(おかげで近所の子供達によってガラス棒の多くは取り外されましたが)

続きを読む

安物買いは本当にお得なのか・・・特に建築工事の場合 その3

漏水による室内のカビ
漏水による腐蝕

漏水によるカビや腐蝕

欠陥住宅、欠陥工事といっても屋根や外壁からの漏水の場合、欠陥があったとしても室内に水が浸入して来るのは、5年後とか7年後とかになる場合がとても多いです。
つまり恒常的に雨漏りがしていたとしても、天井や壁の内部に漏れていて、最初の内は表面に出てくる事はありません。それが少量の雨水だと天井裏や壁の内部で乾燥して、また漏水して乾燥したりを繰り返して、室内の天井や壁の表面にシミとして出てきた時には、内部はもう湿気で腐って、カビが生えていたとかという場合が多いのです。
それらは、ちょうど人間の体のある部分がかなり前から痛くて気になってはいたが、そのまま放っておいてもっと病状が悪くなってから病院に行ってCT検査を受けて見たら、体の一部がガン等でステージが相当進んでいたというケースに似ています。

続きを読む

山口2歳児救出に涙

無事保護

ボランティアの尾畠さん(78歳)が発見した

8月12日午前、山口県周防大島町で祖父宅から海水浴に行く為、祖父、兄と出発したが、約100m歩いたところで引き返し行方が分からなくなった藤本理稀(よしき)ちゃん(2歳)のニュースは夏休みの日本中に駆け巡りました。

山口県警と地元消防は延べ約380人で捜索にあたり、12日、近くのため池に転落した可能性があるとして潜るなどして捜査。13日は発見場所となった沢がある山の手前周辺にも入り、人の体温の反応をとらえるサーモグラフィーを搭載したドローンも飛ばしました。それまで延べ38人を動員したが見つからず、行方不明から60時間が過ぎ、常識的な生存の可能性が危ぶまれて、お母さんが屋外公共用のスピーカーを通じて「早く出てきて」と呼びかけましたが反応はありませんでした。
ある関係者は猛禽類にさらわれたのではないかという人もいる程、皆が絶望している時、大分県在住のボランティア活動をしている尾畠春夫さん(78歳)は現場に駆け付け、家族に居なくなった状況を聞き取り、現地を見ると「小さい子供は下るのではなく上る習性がある」と判断し、捜索開始からわずか40分で発見という神業を成し遂げました。

続きを読む

建築は使い勝手(機能性)と遊び心(アート)を両立させて素敵になる その2

私が30年前に建てた住宅の現在の姿で見てみる <玄関偏>その2-1

住まいには、その人の考え方や生き方やその人の歴史が詰まっています。1990年に竣工した私の自邸の細部とその後の変化を見ながら、住居の持つ役割を探れたらと思っています。又、建築の部分(エレメント)から立ち上がる物語を語れたらと思っています。

続きを読む

「人間は考える葦である」パスカル

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
考える葦
かんがえるあし
roseau pensantフランス語
17世紀フランスの思想家パスカルのことば。彼は代表作『パンセ』の冒頭で、「人間は自然のなかでもっとも弱い一茎(ひとくき)の葦にすぎない。だが、それは考える葦である」と述べている。広大無辺な宇宙に比べれば、人間は無に等しく、「一茎の葦」のごとく弱く悲惨な存在にすぎないが、それは「考える葦」であり、思考によって「宇宙を包む」ことができる。ここに人間の尊厳があり、偉大さがあるという。このような偉大と悲惨、無限と無という相矛盾しあう二律背反のなかで、揺れ動く人間の存在を、パスカルは「考える葦」ということばで象徴させているのである。なお、この句は聖書の「傷ついた葦」(「イザヤ書」「マタイ伝福音(ふくいん)書」)に由来する。

続きを読む

安物買いは本当にお得なのか・・・特に建築工事の場合 その2

もう一つの解り易いリフォーム詐欺の話は、外壁塗装の業者で、やはり訪問販売の営業マンが来て、お宅の外壁は相当汚れているから、私の持っている機械で少し洗浄してあげると言われ、半ば強制的に洗浄した挙句、こんなにきれいになったから見てくれと言われて確認したら、確かに高圧洗浄した壁の部分はキレイになっていました。

続きを読む

安物買いは本当にお得なのか・・・特に建築工事の場合 その1

3_20180818154833d4d.jpg

長いデフレの影響もあり、又、ネット社会の出現もあり、近年あらゆる商品のコスト競争やコスト破壊という風潮が乱れ飛ぶ中、住宅においても、いかに安く出来るかという事がポイントとなってきています。
新聞チラシやハウスメーカーの販促ツールの中でも、坪単価が安いとか、ユニットバスやキッチン等の規格品もメーカー希望小売価格という良く解らない金額に対し、40%OFFとか、場合によっては60%OFFという言葉によるトリックを正面に出して営業している会社が多くなりました。

続きを読む

建築は使い勝手(機能性)と遊び心(アート)を両立させて素敵になる その1

私が30年前に建てた住宅の現在の姿で見てみる

建築は、まずは堅固でなければならない。そしてどこかに遊び心も無ければならない。
何故なら、建物は基本的に人間の為にあるのであって、まずは人間の身体を守る安全な器でなければならないし、だからといって人間の内面を鼓舞するような心の部分も持っていなければならないと思うのです。

続きを読む

情報テクノロジーは、人間をどう変化させるのか  その2

6767407465_ddd3a8fb7d[1]220px-Steve_Jobs_Headshot_2010-CROP[1]

Windowsを開発したビルゲイツ と アップル社の創業者スティーブンジョッブス 

ビルゲイツがWindowsを発売したのが1985年頃、スティーブンジョッブスが自宅でアップルⅠ、アップルⅡを開発したのが1976年です。ですから、ビルゲイツ(1955年10月28日~)やアップル社の創業者スティーブンジョッブス(1955年2月24日~2011年10月5日)の生誕からも、まだまだせいぜい40年前後くらいで、その前はコンピューターといって自動計算機と呼ばれていました。1940年代に最初の実用デジタルコンピューターが登場したと言われていますが、それでもたかが75年位です。

続きを読む

ニュース拾い読み 徹底した品行方正の病理

<2018年7月30日㈪ 読売新聞紙面より>

続きを読む

関東の大地震の発生について

3_201808031829383a0.jpg

関東地震の震源域

東日本大震災の際、日本の各地で噴火や大きな地震が立て続けに起こっています。九州の霧島連山や関東では口永良部島や浅間山も噴火しました。
関東地方でのマグニチュード7クラスの地震はいつ起こってもおかしくない状況で、M7クラスの地震は30年以内に70%以上の確率で起こると言われていて、南関東のM7クラスの直下型地震は過去300年で9回程ありました。

続きを読む

情報テクノロジーは、人間をどう変化させるのか  その1

gafa

GAFAとはGoogle、Apple、Facebook、Amazonの文字から

最近ビジネス界ではGAFA(ガーファ)という言葉が流通しています。
GAFAとは、情報テクノロジーの覇者であるGoogle、Apple、Facebook、Amazonの文字をまとめた言葉です。
ある記事によると、これらの企業によって、コミュニケーション、金融、健康、購買、知識、教育、そしてエンターテインメントが支配され、我々の生活を大きく変化させてきました。しかも意識せず、あたり前のようにあるいはいつの間にか変化し、もはやそこから逃げられなくなっていく我々にハッとさせられるのだとあります。
実際、私たちが生活の基盤は、まさにそのような状況になっています。

続きを読む

モダンデザインであり続ける為に その3

藤井厚二

藤井厚二

今から90年前の昭和3(1928)年に建てられた、日本風土やライフスタイルに合った美しいモダン建築「聴竹居(ちょうちくきょ)」は「真に日本の気候風土に合った日本人の身体に適した住宅」を生涯追い求めた建築家、藤井厚二(1888~1938年)の自邸で一番身近な建築である住宅の理想形として作られました。現在は国の重要文化財として一般公開されています。

続きを読む

プロフィール

蓑田 常弘

Author:蓑田 常弘

一級建築士 蓑田常弘

株式会社ミノダ建築デザイン 代表
LIXILリフォームショップライファ立川代表
株式会社スインクハート 代表


→ 会社ホームページ

建築一筋だが、建築馬鹿ではない。

いつ仕事をしているか分らないが、しっかり納期には間に合っている。

自分の好きな建物の仕事で生計を立てられている自分はとても幸せ者だと思う。

1日おきの2kmの水泳はこれからずっと続けたいと思っている。
(楽しみというより修行のような)

最新記事
記事へのリンク
月別アーカイブ
ごあいさつ
社長あいさつ