リフォーム物語 その1-1

<4世代に渡り引き継ぐ普通の家>

当社は現在住宅の大型リノベーション工事を中心に行っています。 創業以来、新築工事が中心だったり、重量鉄骨造の都市型住宅だったり、ホテルやカラオケ、美容院、レストランといった商業建築を中心に行っていた時期もありました。その時代背景の元、例えれば小動物が生き長らえるため、それらの厳しい経営環境や社会のニーズに合わせ柔軟に対処してきた結果として様々な建築を骨格として生存してきました。そして現在は、住宅のリノベーションを中心に行っていることだと思います。

続きを読む

スポンサーサイト



日本の税金について

BenFranklinDuplessis.jpg

ベンジャミン・フランクリン

私がよくベンジャミン・フランクリンの言葉を拡大解釈して言う、人間には逃れられない2つの事がある。一つ目は、当然の事として「死」2つ目は「税金」ということで、人間である以上は税金を払え、税金を払わない者は人間じゃないという事でしょうかと皮肉を込めて事あるごとに書いています。

続きを読む

「私の目指す家づくり」 その7

<建物自身が何か語りかけているような…>

大阪万博の太陽の塔を手掛けた自由奔放の画家、岡本太郎さんの作品に「座ることを拒否する椅子」というのがありました。 座る部分に大きな目や口があり、おしりの感触はごつごつとして、ゆったりとくつろぐ椅子ではありません。
岡本太郎は合理主義や機能主義媚び諂うことなく、精神的にも肉体的にも人間と対等顔をした椅子を作りました。 それは、生活の中に創造的な笑いを重視したということかもしれません。
太陽の塔 岡本太郎 座ることを拒否する椅子
      大阪万博 太陽の塔 岡本太郎  岡本太郎作品 「座ることを拒否する椅子」

続きを読む

例年にも増して盛大に「リクシルリフォームショップオーナー会議」が、開催されました。

ニューオータニ東京 ニューオータニ東京ロゴ入り
オーナー会議が開かれたニューオータニ東京 2017.7.13 盛大に開催された
7月13日(木)、リクシルリフォームショップオーナー会議が、ホテルニューオータニ東京にて行われました。 当社は、リクシルリフォームショップの前身であるINAX「ライファ立川」として加盟させていただいてから24年が経過しました。

「LIXIL」は、INAX、トステム、サンウエーブ工業、新日軽、東洋エクステリアが合併して2010年4月にスタートし、現在では売上高1兆円超、従業員6万人を超える業界最大手の企業として国内外から注目されています。

続きを読む

2017年 暑中お見舞い申し上げます。

2017暑中見舞い表 2017暑中見舞い裏


いつものギャーギャーと騒がしい都議選が終わりました。小池劇場パフォーマンスで都民ファーストが圧勝、自民壊滅でしたが、結果などどうでも良いという国民(都民)の声が聞こえてきます。政治家という不思議な人達の一人歩きによって国がどんどんと崩壊していっている様な気がします。 号泣議員や絶叫議員や嘘つき議員達が決める税金や年金や医療費を私達は払わせ続け、それから逃れる事は出来ません。この世には逃れられないものが二つあります。死と税金です。 作家の五木寛之さんが、もう大分前に日本の状況について書いていました。経済が絆が国が壊れてついに 「覚悟」を決める時が来ました、と。 しかし同時にこんなことも言っています。「諦める」という事は、投げ出すことではないと私は考える。「諦める」は「明らかに究める」ことだ。はっきりと現実を見据える期待感や不安などに目を曇らせることなく、事実を真正面から受け止める事である。そしてそれを引き受ける覚悟が必要です。たとえそれがどれだけ憂鬱なものだとしても。

MTLBグループ 代表取締役 蓑田 常弘

→ブログのトップへ戻る
→ライファ立川のホームページへ

倒壊建物への閉じ込め 空間狭いほど心肺停止のリスク

<挟まれは梁や天井が大部分>
日本で発生する内陸地震では、建物の倒壊が人的被害の主な原因となる蓋然性が高いと言われています。
昨年4月の熊本地震でも、建物の倒壊による人的被害が発生しています。警視庁の「熊本地震における警察の救助活動に関する調査分析」によると、すべての救助活動現場で建物(木造)の1階部分に発生。被災者が1階居室に閉じ込められていた事例が大半を占め、また、崩壊が生じると死亡率が急増したことが明らかになっています。

続きを読む

「私が目指す家づくり」 その6 

ハウスシックイメージ

     ※ハウスシックの原因と考えられる要因

<内装材として、呼吸し生きている天然の木をたくさん使う>

前回は高気密・高断熱・24時間換気の家が主流となった現代住宅の暗部について書きました。 現在シックハウス症候群で苦しんでいる人々が国内で100万人を超えると推定されて おり、潜在患者数で見た場合には1,000万人以上になるとさえ言われています。
ほとんどの住宅メーカーの新築の家は、効率良く建てて利益を出す為に、石油化学製品で出来た建材を大量に使っている家ですから、恐らく原因不明の多種多様のガスが揮発して、モデルルーム等に入ると何か嫌な臭気があり息苦しい感じがします。これを健康住宅と呼んで売っているのですから、ある意味、殺人というと大げさかも知れませんが、実際病院にはシックハウス症候群と診断された人達が、たくさん通っています。

続きを読む

空き店舗、古民家などを積極活用

骨太の方針2017 ストック有効活用が制作の大きな柱
政府は6月9日の臨時閣議で、今年の「経済財政運営と改革の基本方針」、いわゆる「骨太の方針」を決定しました。
骨太の方針に盛り込まれた内容は政策上の重点課題として、夏以降の来年度の予算編成等でも具体化に向けて検討されます。住宅関連では、新たな需要喚起策の一つとして「ストックの有効活用」について言及しました。現在も補助事業などが実施されている住宅ストックの良質化・省エネ化、既存住宅の適正な評価、安心できる取引環境整備等により「既存住宅流通・リフォーム市場を活性化する」などとしました。
空き店舗無題 古民家images
空き店舗 古民家

続きを読む

新耐震住宅の耐震性能

効率的な検証法を公表 住まい手による検証法も
工法在来軸組み

在来軸組み工法

(一財)日本建築防災協会(国土交通大臣指定耐震改修支援センター)は5月16日、新耐震基準の在来軸組み工法による木造住宅について、接合部等を確認することで効率的に耐震性を検証できる「新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法」(新耐震木造住宅検証法)を公表しました。接合部等の規定が明確化された平成12年以前に建築された住宅に関して、リフォーム等の機会に耐震性能を検証できるようにすることが狙いです。国交省は耐震改修支援センターと協力して、同検証法を住宅所有者やリフォーム業者、設計者等に周知するとともに、耐震診断の専門家等を対象とする講習会を実施する予定です。

続きを読む

「人生、諦める事もある意味必要である」

都議選

いつもの騒がしい都議選の最中です。朝からギャーギャーとうるさくて迷惑千万な話です。あの人たちは自分の事しか考えて無いのに、選挙になるといかにも国民の為にという嘘を言っていることは大体みんな解っています。ですから正直、結果がどうであろうとどうでも良いという諦めのような気持ちを国民の大半が持っているのではないでしょうか。

続きを読む

プロフィール

蓑田 常弘

Author:蓑田 常弘

一級建築士 蓑田常弘

株式会社ミノダ建築デザイン 代表
LIXILリフォームショップライファ立川代表
株式会社スインクハート 代表


→ 会社ホームページ

建築一筋だが、建築馬鹿ではない。

いつ仕事をしているか分らないが、しっかり納期には間に合っている。

自分の好きな建物の仕事で生計を立てられている自分はとても幸せ者だと思う。

1日おきの2kmの水泳はこれからずっと続けたいと思っている。
(楽しみというより修行のような)

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

建築に関するブログ

住まいに関するブログ

自然素材に関するブログ

ごあいさつ
社長あいさつ