日本の人口6年連続減

imagesARHT2W9L.jpg

日本の人口推計

総務省は14日、2016年12月1日時点の日本の総人口推計(外国人を含む)を発表しました。前年に比べ16万2000人減って1億2693万3000人となり、6年連続の減少でした。
又、総人口に対する生産年齢人口(15歳から64歳)の割合は60.3%ピークだった199年の69.8%に比べて9.5%減少した。出生者数から死亡者数を抜いた「社会増減」1213万400人増加した。又、65歳以上が27.3%となり約3人の人は高齢者という事になりました。 確かに街を歩いたり遠くに車で移動している時に、やたらと高齢者が目に付くようになってきました。

続きを読む

スポンサーサイト



ソラーシステムについての疑問

imagesA7B3SA61.jpg

住宅におけるソーラー事業は、地球温暖化の原因とされる化石燃料の大量消費を避ける目的で、クリーンで環境へ与える負荷が小さく、日本中どこでも得られ、継続可能なエネルギーであるという歌い文句の元、普及されるようになりましたが私は最初から導入には消極的でした。こういった国による政策による宜伝については、補助金が出るとか数々のメリットばかりを伝えデメリットをほとんど伝えていないからです。

続きを読む

日本人と木の家の関わりについて

imagesO2E6321H.jpg

日本の全国で面積の約68.5%が森林で、その森林率は世界第2位を誇っています。江戸時代から明治時代は、伐採し尽くされた末、はげ山だったという時代もあったようです。徳川幕府が禁伐政策をとったものの、本格的な復旧は100年位前にオーストリア出身の学者アメリゴ・ホフマンによって治山工事が導入されてからだったと言われています。その結果、木の蓄積量は増えましたが、現在はその森の多くが整備されていない為、土砂崩れや洪水の被害を引き起こすようになりました。

続きを読む

ニュース拾い読み <日本郵政>数千億円規模の損失計上へ 豪の会社業績悪化で (その2)

毎日新聞 4/20(木) 20:04配信 <YAHOO!ニュース>
<日本郵政>数千億円規模の損失計上へ(豪の会社業績悪化で)

 日本郵政は、2015年に買収したオーストラリアの物流会社の業績不振に伴い、17年3月期連結決算で数千億円規模の損失を計上する。近く発表する。米原発子会社の巨額損失で経営難に陥った東芝に続き、日本郵政も海外企業買収でつまずいた形だ。
損失が発生するのは、約6200億円を投じて買収した豪物流最大手「トール・ホールディングス」。日本郵政傘下の日本郵便の子会社になっている。
15年11月に株式上場を果たした日本郵政は、国内の郵便事業が低迷する中、収益力強化に向けて国際物流事業に活路を見いだそうとトールを買収した。しかし、資源価格低迷の影響でオーストラリアの資源貿易が停滞したことなどから、トールの業績は計画を下回る状況が続いている。買収価格に比べてトールの企業価値が大きく低下しており、日本郵政は損失計上が必要と判断した。
 日本郵政は17年3月期連結決算を5月15日に発表する予定で、2月時点の最終(当期)利益の予想は3200億円。数千億円規模の損失を計上すれば、この予想を下回る可能性が高い。同社広報部は「トールの業績が計画に達していないことから(損失計上の)要否を含めて検討中」とコメントしている。
 政府は日本郵政の上場後も約80%の株式を保有している。7月以降、東日本大震災の復興財源を調達するため、株式を追加売却する予定。日本郵政は追加売却前に損失を計上することでうみを出し切りたい考えだが、投資家の理解を得られなければ、追加売却計画の見直しを迫られる可能性もある。【浜中慎哉、小川祐希】

続きを読む

ニュース拾い読み <日本郵政>数千億円規模の損失計上へ 豪の会社業績悪化で (その1)

毎日新聞 4/20(木) 20:04配信 <YAHOO!ニュース>
<日本郵政>数千億円規模の損失計上へ(豪の会社業績悪化で)

 日本郵政は、2015年に買収したオーストラリアの物流会社の業績不振に伴い、17年3月期連結決算で数千億円規模の損失を計上する。近く発表する。米原発子会社の巨額損失で経営難に陥った東芝に続き、日本郵政も海外企業買収でつまずいた形だ。
損失が発生するのは、約6200億円を投じて買収した豪物流最大手「トール・ホールディングス」。日本郵政傘下の日本郵便の子会社になっている。
15年11月に株式上場を果たした日本郵政は、国内の郵便事業が低迷する中、収益力強化に向けて国際物流事業に活路を見いだそうとトールを買収した。しかし、資源価格低迷の影響でオーストラリアの資源貿易が停滞したことなどから、トールの業績は計画を下回る状況が続いている。買収価格に比べてトールの企業価値が大きく低下しており、日本郵政は損失計上が必要と判断した。
 日本郵政は17年3月期連結決算を5月15日に発表する予定で、2月時点の最終(当期)利益の予想は3200億円。数千億円規模の損失を計上すれば、この予想を下回る可能性が高い。同社広報部は「トールの業績が計画に達していないことから(損失計上の)要否を含めて検討中」とコメントしている。
 政府は日本郵政の上場後も約80%の株式を保有している。7月以降、東日本大震災の復興財源を調達するため、株式を追加売却する予定。日本郵政は追加売却前に損失を計上することでうみを出し切りたい考えだが、投資家の理解を得られなければ、追加売却計画の見直しを迫られる可能性もある。【浜中慎哉、小川祐希】

続きを読む

映画 『はじまりのうた』(Begin Again)を見た

ddg.jpg

映画 『はじまりのうた』

2013年アメリカ合衆国の音楽を題材にした映画で、当初は全米上映5館での上映が、クチコミで人気が出て1300館にまで拡大にしたヒット作です。
第80回アカデミー賞を受賞した「ONCE ダブリンの街角で」のジョン・カーニー監督が同作に続いて作った音楽をテーマに作ったヒューマンドラマです。

続きを読む

6割が新築・リフォーム時に「花粉対策したい」LIXIL住研調べ

(株)LIXIL住宅研究所はこのほど、全国の既婚女性2000人を対象に「住まいの花粉対策」についてインターネット調査を実施しました。

続きを読む

国産材等流通促進協議会「国産木材活用マニュアル」作成

~住宅生産事業者と建築主等のコミュニケーションツールに~

JBN国産材委員会、日本木材青壮年団体連合会、日本林業経営者協会青年部を中心に組織する「国産材等流通促進協議会」はこのほど、「建築物における国産木材活用マニュアル-木材の取扱説明書-(暫定版)」をまとめました。

続きを読む

久しぶりに高倉健の映画「夜叉」を見た

ee.jpg

高倉健 主演 映画 夜叉

私は九州に居た時代に高倉健(1931年2月10日〜2014年11月10日 83歳没)の映画をよく見ました。
高倉健と同じ九州出身という事もあり、寡黙でストイックで男らしいという事で一番好きな俳優でした。)
九州には「男は日に片頬(かたふ)」という言葉があって男たるもの、へらへらしたり無駄なおしゃべりなんかするんじゃなく、男は一日に片方の頬がわずかに緩むくらいがいいというような意味ですが、今ではもう死語になっているのではないでしょうか。更に「男は三年に片頬」という強烈な諺もあって、男はいつも笑っていると威厳が損なわれるので、滅多に笑わない方が良い。男は三年に一度笑えばいいというものです。まさに、九州で語り継がれる男の中の男。それが高倉健そのものだったのです。誰からも慕われ人生を一生懸命に生き抜き、最後は誰にも迷惑をかけず一人で静かに息を引き取ったという類稀なる俳優でした。(実際は死後、養女と遺族の間に相当なる確執があるとされています)
私も九州男児の端くれとして、若い時には理想の男としての高倉健の姿がありました。

続きを読む

プロフィール

蓑田 常弘

Author:蓑田 常弘

一級建築士 蓑田常弘

株式会社ミノダ建築デザイン 代表
LIXILリフォームショップライファ立川代表
株式会社スインクハート 代表


→ 会社ホームページ

建築一筋だが、建築馬鹿ではない。

いつ仕事をしているか分らないが、しっかり納期には間に合っている。

自分の好きな建物の仕事で生計を立てられている自分はとても幸せ者だと思う。

1日おきの2kmの水泳はこれからずっと続けたいと思っている。
(楽しみというより修行のような)

最新記事
記事へのリンク
月別アーカイブ
ごあいさつ
社長あいさつ