国に頼らない生き方・2

政治家も医者も世襲というか、2世や3世が多く、何となく金持ちのボンボンというイメージで、私達の生活や命を本気で守ってくれるような感じは全くしません。

続きを読む

スポンサーサイト



国に頼らない生き方・1

日本の国というハードな視点からのイメージからは、天皇を拠点として首相や国会議員、高級官僚に公務員、警察官や裁判官と国民の下僕としての役人たちを思い浮かべますが、大概の人は天皇以外の公務員たちにはどうもよい感触を持っていないような気がします。

続きを読む

平成28年熊本地震による建築物の被害の原因

「筋違い」依存による被害が浮き彫りに
熊本地震による被害が徐々に明らかになりつつある。建築研究所・国土技術政策総合研究所・日本建築学会は合同で被害調査の結果を分析、新耐震基準以降の木造住宅で倒壊したものに、不十分な接合部使用の影響を指摘している。耐震研究会の保坂代表理事も地震発生直後から被災建築物の調査を継続しており、接合部に問題があるものを多く確認。特に「筋違いに依存した構造」の危険性を指摘する。
木造住宅の場合、平成12年の建築基準法改正により接合部の仕様が規定されました。しかし、保坂代表理事は、そもそもこの仕様が「浸透しておらず、理解されていない」と見ているといいます。構造用合板が使用されていない、耐力要素が筋違いのみの住宅の被害が目立ち、「12年以降でも筋違いに依存した構造」が主流だったとの事です。

続きを読む

漆喰や珪藻土を使い健康で快適な住まいづくりを

「健康建材を使用した家作り」がもはや謳い文句にならないぐらい、コストが許す限り健康建材を施主に薦めている地場工務店が少なくありません。
居心地や、安らぎ、視覚、清潔感などのデザイン性もさることながら、やはり健康面での要素が一番多いと思われます。珪藻土や漆喰が健康建材としてはすぐに頭に浮かぶでしょう。

続きを読む

プロフィール

蓑田 常弘

Author:蓑田 常弘

一級建築士 蓑田常弘

株式会社ミノダ建築デザイン 代表
LIXILリフォームショップライファ立川代表
株式会社スインクハート 代表


→ 会社ホームページ

建築一筋だが、建築馬鹿ではない。

いつ仕事をしているか分らないが、しっかり納期には間に合っている。

自分の好きな建物の仕事で生計を立てられている自分はとても幸せ者だと思う。

1日おきの2kmの水泳はこれからずっと続けたいと思っている。
(楽しみというより修行のような)

最新記事
記事へのリンク
月別アーカイブ
ごあいさつ
社長あいさつ