日本人の生活はますます苦しくなっている

安倍首相 アベノミクス
東京オリンピック招致
アベノミクスやら2020年東京オリンピック招致やらで、表面的にはいかにも景気が良くなっているというマスコミの報道も多く、世の中の本当の事を知らない与党議員の中でも、それらのマスコミの報道を鵜呑みにして、景気がどんどん良くなっていると思っている議員が相当いるようです。
実際の景気の恩恵を受けているほんの一握りの人達以外は、景気が良いどころか益々貧しくなっているという実感があります。

そんな理由のひとつに政権にすり寄る御用メディアの害があると思われます。
生活が苦しくなっているという国民が多いにも関らず、景気が良いという記事や報道を垂れ流しつづけてきたのです。
明らかに安倍政権を支持していると思われる大手メディアは政権の支持率を下げないように都合の悪い情報はなるべく流さないようにしています。

続きを読む

スポンサーサイト



「国立競技場」建設をめぐる問題について

森喜朗

そもそも「耐震改善」「全面建て替え」の2つの方法で考慮されていた国立競技場計画が建て替えの方向に急に動いたのは森喜朗(しんきろう笑)が最高顧問を務めた「ラクビーワールドカップ2019日本大会成功議員連盟」が2011年2月15日に行った「国立霞ヶ丘の八万人規模ナショナルスタジアムへの再整備に向けて」決議がきっかけです。
当時は、東京都による2020年オリンピック誘致運動自体がまだ始まっていなかった時代であり、決議案には「オリンピックのため中止」という表現は全くなく、あくまでも開催が決定していた2019年のラクビーW杯日本大会のためにという前提でこの決裁が行われてました。

続きを読む

2015年LIXILリフォームショップオーナー会がホテルグランパシフィック LE DAIBAにて開催されました。

LIXILリフォームショップ方針発表と年間コンテスト表彰、活動事例発表がありました。
当社は、新築2世部門にて第3位の成績のため、表彰されました。
現在439店のLIXILリフォームショップがあり、FC店としては全国一の数を誇ります。

続きを読む

プロフィール

蓑田 常弘

Author:蓑田 常弘

一級建築士 蓑田常弘

株式会社ミノダ建築デザイン 代表
LIXILリフォームショップライファ立川代表
株式会社スインクハート 代表


→ 会社ホームページ

建築一筋だが、建築馬鹿ではない。

いつ仕事をしているか分らないが、しっかり納期には間に合っている。

自分の好きな建物の仕事で生計を立てられている自分はとても幸せ者だと思う。

1日おきの2kmの水泳はこれからずっと続けたいと思っている。
(楽しみというより修行のような)

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

建築に関するブログ

住まいに関するブログ

自然素材に関するブログ

ごあいさつ
社長あいさつ