古い建物のここに残したい 実例 その2『英国風のアンティークなインテリアにマッチする真黒な太鼓梁』

約70年位前に建てられたこの家は東京都23区内の閉静な住宅地にありましたが、再建築不可で建て替えることは出来ない建物でした。
プレキャストコンクリート

プレキャストコンクリート

基礎が現場打コンクリートではなく工場で製造されたプレキャストコンクリート(工場で固められた規格品のコンクリート)を並べられただけの簡易なものでした。そこで基礎補強から行い、屋根も外壁も全て撤去して行う本格的なリノベーションでした。
それどころか、2階の部分が1階より小さな在来木造住宅でしたから何とか2階も1階部分と同じ大きさに出来ないかが大きなテーマでした。

続きを読む

スポンサーサイト



古い建物のここを残したい 実例 その1『床の間の部分と松丸太梁を残したケース』

構造部を残してスケルトンリフォームする

構造部を残してスケルトンリフォームする

当社ではリフォームというよりリノベーションという工事が多いのですが、この場合のリフォームとリノベーションの違いは、リフォームがその建物の新築時のように新しく復元するという工事に対して、リノベーションは基礎や柱、土台、梁だけを残して間取りから住まい方から仕上材からすべてを根本的に変えるという意味があります。

続きを読む

古い家を生かすリノベーションの手順 その1

新築供給戸数推移と中古供給戸数推移

新築供給戸数推移と中古供給戸数推移

それぞれの家には、それぞれの歴史があり、その家族のストーリーがあります。
昔はリノベーションと言うと少しネガティブなイメージがありましたが、今は新築が減ってきている状況が続き、中古住宅をリフォームやリノベーションする家の比率がどんどん多くなってきています。
住宅機器や建材メーカーもリフォーム専用商品をどんどん開発して商品にしています。
古い建物を大切に扱って、生かすところは生かし耐震性や防犯という安全性を高め、断熱や通風といった機能性を加え、間取りやデザインといった付加価値を高めたり、大袈裟に言えば、そこに住む人の生き方や人生も変わるようなリノベーションが手掛けられればとおもっています。

続きを読む

ニュース拾い読み ライブドアニュース『タピオカ廃棄』 その3

s_20191107133705b43.jpg

タピオカ店の粗利は相当あると言います。一杯あたりのタピオカは10~20円,紅茶は5~10円それにガムシロップ、牛乳、容器やストロー等と計算しても原価は20%位らしいので相当な粗利となります。
又、タピオカ店の店員は自分では正直飲みたくないと言います。

続きを読む

ニュース拾い読み ライブドアニュース『タピオカ廃棄』 その2

タピオカの原料 南米原産の「キャッサバ」

タピオカの原料 南米原産の「キャッサバ」

タピオカ(Tapioca)とはトウダイグサ科のキャッサバの根茎から製造したデンプンのことで、菓子の材料や料理のとろみ付けに用いられる他、つなぎとしても用いられています。
紙の強度を上げるための薬剤の原料でもあるようですが、糊化させたタピオカを容器に入れ、回転させながら雪だるま式に球状に加工し、乾燥させたものは「スターチボール」、「タピオカパール」などと呼ばれ、それに黒、白、カラフルな色に着色したものをミルクティーの中にいれて太めのストローで粒と一緒に飲みますが、この球状のタピオカとミルクティーを太めのストローで飲み込んで粒を食べる。

続きを読む

プロフィール

蓑田 常弘

Author:蓑田 常弘

一級建築士 蓑田常弘

株式会社ミノダ建築デザイン 代表
LIXILリフォームショップライファ立川代表
株式会社スインクハート 代表


→ 会社ホームページ

建築一筋だが、建築馬鹿ではない。

いつ仕事をしているか分らないが、しっかり納期には間に合っている。

自分の好きな建物の仕事で生計を立てられている自分はとても幸せ者だと思う。

1日おきの2kmの水泳はこれからずっと続けたいと思っている。
(楽しみというより修行のような)

最新記事
記事へのリンク
月別アーカイブ
ごあいさつ
社長あいさつ