古い家を生かすリノベーションの手順 その3-2 構造材の調査・補強

意味のない耐震補強例

意味のない耐震補強例

建築リフォーム工事において耐震補強工事と称して、訪問販売の業者やそれらの知識のないリフォーム工事店で行ったケースがたくさんあります。
私も相当数のお客様から、私の家は耐震補強してもらったから大丈夫ですという家を見てきましたが、それらの家のほとんどが耐震補強らしきものはしているが中途半端とかバランスの悪いどころかやらない方が良かったという家ばかりだったのです。

続きを読む

スポンサーサイト



古い家を生かすリノベーションの手順 その3-1 構造材の調査・補強

木造建築の種類

木造建築の種類

木造住宅と言っても工法的には在来工法、2×4工法、パネル工法、ユニット連結工法、輸入住宅、ログハウス等々様々な工法がありますが ここでは在来工法の補強についてお話します。 在来工法は、日本の古い建築工法で木造軸組み構造とも呼ばれています。前述したコンクリート布基礎の上に一般的には国産材の10.5㎝角の土台を敷き、その上に10.5㎝角の柱と間柱を立て2階床組として梁や桁で組み、その上に2階の柱を立て屋根部分には梁間方向と桁行方向に適切な筋違いを設置して建物の歪みを取り壁耐力とし水平垂直に組み立てる工法の事です。

続きを読む

古い家を生かすリノベーションの手順 その2―3 基礎の調査、補強

ケミカルアンカー

ケミカルアンカー

基礎の補強方法としては、既存基礎の外側か内側にもう一枚新しい基礎を合体させる方法があります。既存の基礎の境にL字型のコンクリートの基礎を打ち増しするのですが、コンクリートを打設する前に既存基礎の側面にケミカルアンカーを打ち込み、ボルトを埋め込んで鉄筋を配筋してから型枠を立てコンクリートを打設して既存基礎と一体化します。

続きを読む

古い家を生かすリノベーションの手順 その2―2 基礎の調査、補強

建物基礎クラック

建物基礎のクラック

様々な基礎の調査を行うには、まずは目視で建物の外周の立ち上がり基礎部分を見る事になりますが、コンクリート表面にクラックが入っているかどうか、もしクラックが入っていたとしても、基礎コンクリートのクラックが表面の化粧モルタルだけのひび割れなのかを確かめます。

続きを読む

古い家を生かすリノベーション手順 その2-1 基礎の調査、補強

木造住宅の基礎については着工時期にもよりますが基本的には、コンクリート布基礎が多く、昭和40年、50年あたりの建物は無筋コンクリートというのもあり平屋楯の基礎では、ローソク基礎といって、布基礎のようにベース(フーチング)が無いものもありました。
建物の基礎

建物の基礎

続きを読む

プロフィール

蓑田 常弘

Author:蓑田 常弘

一級建築士 蓑田常弘

株式会社ミノダ建築デザイン 代表
LIXILリフォームショップライファ立川代表
株式会社スインクハート 代表


→ 会社ホームページ

建築一筋だが、建築馬鹿ではない。

いつ仕事をしているか分らないが、しっかり納期には間に合っている。

自分の好きな建物の仕事で生計を立てられている自分はとても幸せ者だと思う。

1日おきの2kmの水泳はこれからずっと続けたいと思っている。
(楽しみというより修行のような)

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

建築に関するブログ

住まいに関するブログ

自然素材に関するブログ

ごあいさつ
社長あいさつ